« レンタルサーバー初心者のサーバーの選び方 | トップページ | 初心者アフィリエイトSEO »

アジアアロワナ

アロワナはテレビドラマの主人公が飼っていたり、雑誌で取り上げられたりなどで一躍有名になった大型の古代魚ですが、その美しさは比類のないもので、目をひきつけてやみません。『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米に生息しています。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。形こそよく似ている世界各地に点在する古代魚アロワナですが、虫を食べるのが得意なもの、攻撃的なもの、おとなしいものなどその生産地によって性格や色合いはずいぶん異なります。たくさん取れる南米のものは元気なのですが、美しくないと言うことで人気は低く、アジアアロワナは逆に希少価値も加わって大人気です。

これらの世界のアロワナなのですが、人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。野生のアロワナ売買禁止その理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。日本のような先進国の愛好家に観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減ったのです。現在ではワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として輸出入に一切の制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。

ところが面白いことにですね、実はじつは、アジアアロワナは日本に定期的に輸入され、販売されているのです。ペットショップで合法的に買えます。そうした危機的な状況が訪れる少し前にアジアアロワナの希少価値に目をつけたのは東南アジアの華僑たちでした。彼らの手によってアジアアロワナの養殖が始まり、大量生産とは行きませんが、日本にもコンスタントに輸出されるようになりました。絶滅の危機から救い出すだけではなくて、養殖が成功してよかったことが他にもあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。

5種類のアジアアロワナが知られています。基本形と言うことで、ブリーダーが勝手につけている名前をとりはすした場合の分類ですが、『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』というものですが、一番人気はマレーシアゴールデンです。養殖アジアアロワナの体内には個体識別のためのマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。密漁個体と識別するための血統書のようなものです。日本の国内における売買も届出制となっています。華僑の努力で養殖できたとは言えども、生産に関わるそういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

|

« レンタルサーバー初心者のサーバーの選び方 | トップページ | 初心者アフィリエイトSEO »

ペット」カテゴリの記事