« スーツケースの選び方 | トップページ | 産後ダイエット »

観葉植物アイビー

観葉植物は現代の無味乾燥な都会の暮らしに今や欠かせないものです。オフィスや病院、役所の待合室にも置いてありますね。 観葉植物販売店や観葉植物専門店は最近ずいぶん増えてきました。アイビー、ポトス、パキラにサボテン、観葉植物の需要は多いのですね。 観葉植物の存在に気づかない人の心にも、潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。

観葉植物の特徴は種類それぞれです。観葉植物の原産地やタイプによって育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。とりあえずここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。アイビーはヨーロッパ原産のつた系の植物で、低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。アイビーが観葉植物として最も優れているところは日照が少なくても元気でいられると言うところです。これなら室内に置きっぱなしでも心配要りません。

観葉植物アイビーの乾燥や低温や、低日照に強い点は十分に観葉植物のトップランナーとして評価できます。それを過信して外に置いておくこともできますが、それだと葉は痛んで色が変わるのでご注意くださいね。 観葉植物の維持で悩む水分補給に関してはアイビーの場合、土の表面が乾いたら水をやる程度でいいです。まちがってやり過ぎにも比較的強いようですが、毎日かける必要はありません。つた系の観葉植物に共通する大事な手入れとして、アイビーだけでなく、ポトスもそうなのですが、あまり、葉がわさわさと茂って混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。

観葉植物アイビーは、アイビーリーグ、アイビールックと言う言葉に代表されるように、キャンパスの古い建物の外側にはりついていて、それが実に幅広い世代や国境を越えて愛されたりする植物でもあります。倉敷アイビースクエアではもちろん建物の外を覆っていますし、霜や直射日光にやられて赤くなったり黄色くなったりします。そういう自然を感じさせてくれるアイビーは観葉植物としてだけでなく、自然を感じさせてくれる戸外の草花として、昔から人々に愛されてきた植物なのですね。
観葉植物| インテリアに

|

« スーツケースの選び方 | トップページ | 産後ダイエット »

住まい・インテリア」カテゴリの記事