« 産後ダイエット | トップページ | 初心者アフィリエイトSEO »

観葉植物アイビー

観葉植物は家の中だけでなく、職場や病院などさまざまなところで目にしますね、人の集まるところには観葉植物が置いてあります。 観葉植物はどうやら風水の上でも非常に大事なキーアイテムらしいので(ほんとかな?^^;)、個人の家庭でもアイビー、パキラ、カポックなどの育てやすい観葉植物が愛されています。仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうです。

観葉植物がいろいろある中でも、日本だけでなく外国でも見かけることの多いアイビーを例にして、観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについて見てみましょう。アイビーは別名をヘデラというウコギ科のヨーロッパ原産のつた系の植物です。観葉植物の中では低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。アイビーのよいところは、暖かすぎる室内でも寒い室外でも、ぎらぎら直射日光の日向でも北側の日陰でも、耐えられる、日照を気にしないでいいというところです。

アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中戸外で維持することもできるのですが、それだと緑の可愛らしい葉っぱが赤くなったり黄色くなったり見た目ががらりと変わりますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。 観葉植物の育て方では最も重要なポイントとなる水やりですが、アイビーの場合、本によって書き方は微妙に異なるものの、乾き目ぐらいでOKです。表面の土が乾いたらちょっと足してやるぐらい。つた系観葉植物アイビーを増やすには葉が2、3枚ついた枝を刺し芽してやればよいのです。ですから、ときどきは剪定してついでに増やしましょう。剪定も風通しがよくなるので虫がつきにくくなって一石二鳥です。

観葉植物アイビーは、アイビーリーグ、アイビールックと言う言葉に代表されるように、キャンパスの古い建物の外側にはりついていて、それが実に幅広い世代や国境を越えて愛されたりする植物でもあります。アイビースクエアやアイビーホールなどの有名な建物の外壁にはりついたアイビーは霜や夏の日差しといった自然の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。でも、その可愛らしい葉っぱが織り成す自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。
観葉植物| インテリアに

|

« 産後ダイエット | トップページ | 初心者アフィリエイトSEO »

住まい・インテリア」カテゴリの記事