« ネイルスカルプ | トップページ | レンタルサーバー初心者のサーバーの選び方 »

観葉植物アイビー

観葉植物は現代社会の一服の清涼剤としてもはや必需品です。街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。 観葉植物でよく見かけるものにはアイビー、パキラ、ポトス、カポック、タイガーテールなどでしょうか。仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうです。

観葉植物の中でも、特に見かけることの多いアイビーを例にして、観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについてみてみましょう。アイビーはつた系の観葉植物(ヨーロッパ原産でウコギ科のヘデラという名前です。)ですから、環境が悪いのにはもともと耐性があり、わりに苛酷な環境でも大丈夫です。乾燥にも強いし、ハイドロカルチャーにも耐えます。病気にもなりにくいです。アイビーと言う観葉植物はつた系の特徴どおりに半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずにカーテン越しの日差しで室内において置けるのも長所です。

丈夫な観葉植物なのでアイビーは外に放っておいても基本的には大丈夫なのですが、当然ながら霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。水分補給に関してはアイビーにはどのぐらいがいいかと言うと、土の表面が乾いたら水をやる程度でいいです。やり過ぎにも比較的強いようです。丈夫でよく伸びるアイビーの手入れとしては茂った先端を時々切ってやるのがいいのです。切り取ればそこから増やすこともできます、刺し芽は10cmほどの枝に葉が2、3枚ついていればいいし、とりあえずは水にさしておけば根が出ますので、勢いよくなってから移す手もあります。

観葉植物アイビーは、アイビーリーグ、アイビールックと言う言葉に代表されるように、キャンパスの古い建物の外側にはりついていて、それが実に幅広い世代や国境を越えて愛されたりする植物でもあります。アイビースクエアやアイビーホールなどの有名な建物の外壁にはりついたアイビーは霜や夏の日差しといった自然の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。でも、その可愛らしい葉っぱが織り成す自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。
観葉植物| インテリアに

|

« ネイルスカルプ | トップページ | レンタルサーバー初心者のサーバーの選び方 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事