« マイルドピーリング | トップページ | ジャニーズ事務所 »

観葉植物アイビー

観葉植物は職場や病院などさまざまなところで目にしますね、現代日本では人の集まるところには必ずと言っていいほど、なにがしかの観葉植物が置いてあります。風水を気にする人は観葉植物の存在には敏感に気がつくみたいです。アイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。あわただしくてせっかくの観葉植物の存在に気づかない人の心にも、観葉植物の緑色は潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。

観葉植物の特徴は種類それぞれです。観葉植物の原産地やタイプによって育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。とりあえずここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。アイビーはウコギ科の植物で、ヘデラとも呼ばれます。ヨーロッパ原産のつた系の植物で、その出自から想像できる通りに低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。アイビーと言う観葉植物はつた系の特徴どおりに半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずにカーテン越しの日差しで室内において置けるのも長所です。

アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中外に放っておくこともできますが、それだと赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。アイビーは水が少なくても多くてもなんとか対応してくれます。ハイドロカルチャーもできるし、ほんとうに適応力が高いです。他の手入れとして、観葉植物でもアイビーやポトスなどのつた系の植物はときどき切ってやるのがよい刺激になりますし、風通しを考えても剪定してやりましょう。剪定した枝は刺し芽にも使えます。

倉敷にアイビースクエアと言う観光地があります。そこはレンガ造りの建物に絡みついたアイビーがその象徴となっている、とても気持ちの良い観光施設ですもちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。アイビーの可愛らしい葉っぱが織り成す春夏秋冬の自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。
観葉植物| インテリアに

|

« マイルドピーリング | トップページ | ジャニーズ事務所 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事