« 懸賞 | トップページ | マイルドピーリング »

観葉植物アイビー

観葉植物は現代社会の一服の清涼剤としてもはや必需品です。街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。風水を気にする人は観葉植物の存在には敏感に気がつくみたいです。アイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。現代人は走り続けているので、仕事が忙しいと可愛い観葉植物の存在には気づかないものですが、観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうです。

観葉植物の中でも特にアイビーなどは育てやすいこと、愛らしいこともあって、日本でも外国でもとても愛されている観葉植物です。その育て方や人との関わりについてちょっと見てみましょうか。ヨーロッパ原産の観葉植物はそれほど多くないのですが、その中でもアイビーはもっとも有名なもので、別名がヘデラというウコギ科のつた植物です。そして丈夫で乾燥や低温に強いこと、病気になりにくい観葉植物であることで知られています。アイビーは元々が木の陰を這い回るつた系の植物ですから、当然ながら日陰にも耐えます。日の当たりにくい家の北側や室内の日照でも十分に生きている扱い易い観葉植物です。

アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中戸外で維持することもできるのですが、それだと緑の可愛らしい葉っぱが赤くなったり黄色くなったり見た目ががらりと変わりますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。アイビーへの水やりですが、本によって書き方は微妙に異なるものの、乾き目ぐらいでOKです。表面の土が乾いたらちょっと足してやるぐらい。つた系の観葉植物に共通する大事な手入れとして、アイビーだけでなく、ポトスもそうなのですが、あまり、葉がわさわさと茂って混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。

観葉植物というだけでなく、アイビーはさまざまな建物とセットとしても有名な植物です。例えば倉敷アイビースクエアなど、観光地でも有名なように、アイビーリーグや青山アイビーホールなど、愛らしい葉っぱがそのくっついた建物の象徴としていろんな世代から愛されている観葉植物です。そのような建物の外壁にはりついたアイビーは自然の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。建物の外観に自然のときの流れを感じさせてくれる装飾品としても、アイビーはみんなから愛されているのですね。観葉植物として愛されるのもそういうアイビーの歴史があったからでしょう。
観葉植物| インテリアに

|

« 懸賞 | トップページ | マイルドピーリング »

住まい・インテリア」カテゴリの記事