« ビリーズブートキャンプ | トップページ | ジャニーズ事務所 »

ネイルスカルプ

ネイルスカルプとはアクリルやジェルと言った素材で、自分の爪の上に直接付け爪を作り出すことを言います。単にスカルプ、と省略したりもしますね。 ネイルスカルプと言えば最近では、ほとんどの場合はアクリルネイルを指します。つまりアクリルパウダーとアクリルリキッドで形作ることです。ジェルの場合はジェルネイルと呼ばれることが多いですね。カルジェルというのはジェルネイルスカルプの一部です。アクリルでもジェルでもどちらのネイルスカルプも土台は自分の爪ですから、一度作ったネイルスカルプをはがすには溶かすか削るしかありません。ネイルチップのように簡単に着けたり取ったりはできませんのでご注意ください。

とは言うものの、ネイルスカルプネイルチップに比べれば自然で美しいフォームを作り出すことができます。ネイルスカルプのほうがその華麗な美しさでは断然上です。 ネイルチップは安いから大量にそろえて毎日取り替えるという楽しみはあります。でも、ネイルスカルプと違ってちょっと物に指先が触れただけで簡単に取れてしまうことがあること、そして形が決まっているので爪のカーブが強い人や個性的な形の人には向きません。 ネイルチップは安いしたくさんそろえる楽しみはあるのですが、もともと爪が小さいとか形が個性的な方の場合、あるいは長い付け爪がほしい方の場合は、形が自在で強度も十分なネイルスカルプはお勧めです。

ネイルスカルプのいい点ばかり書いてしまいましたが、美しい、ゴージャスなネイルスカルプにもそれを作るためには当然ながら欠点はあります。ネイルスカルプの最大の問題はネイルサロンで作ってもらうとけっこう高くつくということです。 ネイルスカルプを安く上げようとすれば、自宅用のネイルスカルプキットを買って自分でせっせとネイルスカルプ作るのもありです。慣れるまでは無理だと思いますけど、慣れれば楽しいかもしれません。不器用な人にはお勧めしませんけど。 ネイルスカルプを作って2週間もすると自分の爪がかなり伸びてきて、段差が目立つので、まめなリペアーが必要です。さぼっているとカビが生えたりします。また、とるには溶かすしかありませんので地爪へのダメージもあります。

ネイルスカルプの美しさと耐久性は付け爪の中ではダントツですから、お勧めです。では、ジェルとネイルスカルプのどちらがいいかと言うと、取り付きやすいのはジェルですね、柔らかいのでアクリルに比較すれば折れたときのダメージも少なくすみます。最近ネイルサロンでネイルスカルプといえばアクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜて作るネイルスカルプです。アクリルネイル作成のときはジェルネイルと異なり、ある程度の時間で、アクリルが硬化してしまうため、形を作るのにはタイムリミットがありますが、ジェルネイルよりも丈夫で長い爪が作りやすいです。 ネイルスカルプ、他にも最近ではジェルとアクリルのいいとこ取りのカルジェルなんていうのも人気です。でも付け爪ですから本物よりはケアが必要ですから、ネイルスカルプを選ぶときには、あなたの生活状況やお仕事に応じて、よく考えて選んでくださいね。ネイルデザイン| ネイルアート

|

« ビリーズブートキャンプ | トップページ | ジャニーズ事務所 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事