« 懸賞 | トップページ | 視力回復方法 »

ネイルスカルプ

ネイルスカルプとはスカルプネイルフォームと呼ばれる薄いシート状の土台をまず爪に貼って、その上に付け爪を作っていくことで爪の長さ自体をアクリルまたはジェルで造型することを指します。 ネイルスカルプにはその素材によって大きく2種類に分けられます。アクリルパウダーとアクリルリキッドを結合させた「アクリルスカルプ」という技法と、フォームの上にジェルを使って爪を造型する「ジェルスカルプ」があります。アクリルネイルにしろジェルネイルスカルプにしろ、どちらにしても土台は自分の爪ですから、一度作ったらはがすには溶かすか削るしかありません。ネイルチップのように簡単に着けたり取ったりはできませんのでご注意ください。

ネイルスカルプは市販のネイルチップに比べて持続性があり、美しい爪が作れること、そしてそれが自然な感じがしてフォームが綺麗に見えるので人気があります。 ネイルチップは既製服のようなもので、お直しやセミオーダーはできますが、フィット感ではネイルスカルプの相手にはならないでしょう。ですから、もともと爪の形が悪かったり、長い爪を好んだりする方には、自分の爪に合わせて自分の希望通りにフォームを自由に作れることや強度が強いことから、ネイルスカルプは便利です。

ネイルスカルプネイルサロンでの装着後2~3週間で地爪が伸びてきた時に、爪の根元とネイルスカルプとの間に境目が出来たり、スカルプが浮いたり、欠けたりしますので、 定期的なメンテナンスが必要になります。とるときにも削るか溶かすかなのでまた費用がかかります。 安く上げようと思えば、ネイルスカルプ用のキットを買ってきて自宅で造ることはできます。楽しめる人ならいいでしょうね。でも、不器用で時間のないひとはネイリストのいるネイルサロンでやってもらった方が安全です。 ネイルスカルプのお手入れのためにも自宅用のネイルスカルプケアキット購入は考えておいていいかもしれませんね。だってまめにお手入れしないとカビが生えることがあるのですから。ネイルスカルプをそのときにあわてて剥がすにも薬剤で溶かすから、費用も地爪へのダメージも大きくなります。

ネイルスカルプの中ではジェルネイルが、感覚的にはとりつきやすいです。ジェルネイルスカルプはフォームの上にジェルを塗って紫外線で硬化させるものです。紫外線を当てるまではなんども塗りなおせる点はいいのですが、柔らかいだけに綺麗な長いネイルスカルプを作るのは少し難しいです。 ネイルスカルプといえば最近は「アクリルスカルプ」の技法を用いているネイルサロンがほとんどです。アクリルパウダーとアクリルリキッドを結合させて作るもので、長くて綺麗なものができますが、作成時のにおいがかなりきついのが欠点です。 ネイルスカルプはジェルもアクリルも一長一短です。カルジェルと言う、いいとこ取りの製品も最近人気みたいですけど。でも、どれにしてもネイルチップに比べれば丈夫で美しいという利点はあります。予算や生活(お仕事)に合わせて例えば指先の保護が大丈夫かどうか、よく考えて選んでくださいね。ネイルデザイン| ネイルアート

|

« 懸賞 | トップページ | 視力回復方法 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事