« ルームフレグランス | トップページ | 観葉植物アイビー »

ネイルスカルプ

ネイルスカルプとは付け爪の一種ですが、スカルプネイルフォームと呼ばれる薄いシートを使って、爪の長さ自体をアクリルまたはジェルで造型することを指します。単純にネイルスカルプという場合は最近のネイルサロンの場合、アクリルパウダーとアクリルリキッドで作るネイルスカルプを言い、ジェルのネイルスカルプはジェルネイルと呼ばれることが多いようです。 ネイルスカルプはいずれにせよ、一度作ったら簡単には取り外せない(削るか薬剤で溶かすしかない)ので、両面テープではるだけのネイルチップとは少々使い勝手が異なります。

ネイルスカルプはあなたの爪の上に付け爪を直接作り出しますよね、つまりその人の爪に合わせて形を作り出していくことができるので、美しさと丈夫さは付け爪の中でも一番です。 ネイルチップが安くて種類が豊富でありながらネイルスカルプに負けてしまうのは、ネイルスカルプは自由自在にフォームを作れるのに対し、ネイルチップは標準的な爪の形に合わせて作られていると言うところです。 ネイルチップは安いしたくさんそろえる楽しみはあるのですが、もともと爪が小さいとか形が個性的な方の場合、あるいは長い付け爪がほしい方の場合は、形が自在で強度も十分なネイルスカルプはお勧めです。

ネイルスカルプネイルチップなどのさまざまなネイルアートの中ではもっとも高価な方ですし、着けるのに時間が掛かります。 ネイルスカルプを剥がすには、やすりで削っていくかアセトンなどで溶かすしかないため、頻繁に着け外しをすると自分の爪を傷めることがあります。 ネイルスカルプネイルサロンで作ると高いのですが、慣れれば自分で作ることもできますし、自宅用ネイルスカルプキットも売られていますので、安くあげることはできます。器用な人は楽しいかもしれません。でも、きちんとした教育を受けたネイリストのいるネイルサロンでまずはよく指導してもらってください。 ネイルスカルプのお手入れのためにも自宅用のネイルスカルプケアキット購入は考えておいていいかもしれませんね。だってまめにお手入れしないとカビが生えることがあるのですから。ネイルスカルプをそのときにあわてて剥がすにも薬剤で溶かすから、費用も地爪へのダメージも大きくなります。

ネイルスカルプの素材としてはジェルネイルが、柔らかさや扱いやすさで優れています。ネイルチップよりははるかに綺麗でじょうぶです。これはフォームの上にジェルを塗って紫外線で硬化させるものです。ジェルネイルスカルプはしかし、長いものを作るのは少し難しいです。アクリルネイルスカルプはいまやネイルスカルプの主流で、どこのネイルサロンに行っても一言で「ネイルスカルプ」といえばこれのことなのがアクリルネイルです。アクリルネイルスカルプは硬くてじょうぶで、長い爪も作りやすいです。 ネイルスカルプはジェルもアクリルもどちらも一長一短です。簡単につけられるジェルなのに形が作りやすくカビにくいカルジェルと言う、いいとこ取りの製品も最近人気みたいですけど。でも、どれを選ぶにしてもネイルチップに比べれば丈夫で美しいという利点はあります。予算や生活(お仕事)に合わせてよく考えて選んでくださいね。

ネイルデザイン| ネイルアート

|

« ルームフレグランス | トップページ | 観葉植物アイビー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事