« ジャニーズ事務所 | トップページ | エッセンシャルオイル効果 »

ネイルスカルプ

ネイルスカルプとはアクリルやジェルと言った成型可能なケミカル素材で、自分の爪の上に直接付け爪を作り出すことを言います。ネイルスカルプ、ときには単にスカルプ、と省略したりもしますね。 ネイルスカルプにはおおまかには2種類あります。アクリル重合によって硬くて長いつめが作れるアクリルスカルプと、ジェルを塗ってから紫外線で固めるジェルスカルプがあります。ジェルの中には新しい素材でカルジェルというのもありますが、これもジェルの一部ですね。そのように作成されるネイルスカルプは、両面テープで貼り付けるネイルチップと異なり、自分の爪の上で直接着け爪を形成することになりますので、簡単に取り外し可能なつけ爪ではありません。

ネイルスカルプの利点はでも、なんといっても美しいことです。ネイルチップでは作り出せない自然で美しいそしてゴージャスな造型をネイルスカルプは与えてくれます。 ネイルスカルプがあなた個人の爪に合わせて付け爪を造型するのに対して、大量生産でプラスチック製のネイルチップはどうしても幅やフォームが合わなかったりします。ですから、ネイルスカルプチップの利点も捨てがたいのですが、もともと爪の形が悪かったり、長い爪を好んだりする方にはフォームを自由に作れることや強度が強いことから、ネイルスカルプは便利です。

ネイルスカルプのほとんどいい点ばかり書いてしまいましたが、ネイルスカルプにも当然ながら欠点はあります。最大の問題はネイルサロンで作ってもらうとアクリルネイルスカルプにしろジェルネイルスカルプにしろ、けっこう高くつくということです。 ネイルスカルプを少しでも安く上げようとすれば、ネイルサロンには行かずに自宅用のネイルスカルプキットを買うのもありです。綺麗なネイルスカルプをさくさく作るのは慣れるまでは無理だと思いますけど、慣れれば楽しいかもしれません。不器用な人にはお勧めしませんけど。また、ネイルスカルプで作った爪は当然ながら成長しませんので、地爪が伸びてくると段差が目立つようになります。その差を目立たなくしてやるための、まめにリペアーする必要が出てきます。これをさぼるとカビが生えることがあります。外すときには薬剤で地肌や地爪を傷める可能性もあります。

ジェルネイルネイルスカルプの中では柔らかい方です。爪に張ったフォームの上にジェルを塗り、これをUVで固めるものです。ジェルネイルは紫外線(UV)を当てるまでは硬くならないので、ゆっくりスカルプを作ることができます。逆にうまい下手がはっきり出るネイルスカルプですけど。アクリルネイル。一般的に、「スカルプチチャー」と呼ばれるのはこの形式です。 混ぜると重合反応が起こり硬化するアクリルパウダーとアクリルリキッドを用いて付け爪を造型します。アクリル重合反応のときのにおいがきついという欠点はありますが、比較的安価で、アセトンに溶けるため剥がしやすいです ネイルスカルプはあなたの指先を美しく引き立ててくれますが、本当の爪ではありません。ご自身の仕事など、使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくい、そして扱いやすいジェルタイプとして人気です。でも、どれを選ぶにしても、ネイルチップとは違って少し予算やお手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプを選んでください。ネイルデザイン| ネイルアート

|

« ジャニーズ事務所 | トップページ | エッセンシャルオイル効果 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事