« スーツケースの選び方 | トップページ | 産後ダイエット »

エッセンシャルオイル効果

エッセンシャルオイル(精油)と言う言葉は、アロマセラピーで有名になりましたが、さまざまな草や木の花びら、樹皮、果皮、種子、あるいは根っこなどから取り出した香りの成分です。 エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、薬に匹敵する効果を持ちます。ヨーロッパでは医療資格の一部でもあるアロマセラピストによるアロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。 エッセンシャルオイルの取り出し方はその素材が樹皮か、果皮か、種子か、花びらか、などによって大きく変わりますが、そのうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。

そのため、ジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも大変高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。時々見かける商品で、特に安いものに雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。天然のジャスミンエッセンシャルオイルはこのように高価な、薬と言ってもいいものですが、具体的にはどのように使われるのでしょうか?実際にちょっと見てみましょう。

ジャスミンは最初ヒマラヤで発見されたJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、数メートルの高さになる潅木です。北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤということもあり、寒さに強い植物です。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。現在、人気のこともあって世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、精製度が高くて不純物の少ない、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。ジャスミンと言うやさしい言葉の響き(日本語の場合だけかもしれませんが)に反して、ジャスミンエッセンシャルオイルは「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。

ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘くてエキゾチックで、けっこう強烈です。でも、この強烈な個性が、困難に直面して自信を失ってしまったときに役立つエッセンシャルオイル(精油)と言われています。抗うつ治療にも用いられるなど、落ち着かせてかつやる気を出させてくれると手も役に立つエッセンシャルオイルです。ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの歴史的にも有名な効果は催淫効果です。ヨーロッパでは昔から魔女の媚薬の主成分として、インドでは後宮のマハラジャのハーレムで用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。ジャスミンエッセンシャルオイルの生殖器に働く媚薬効果は、実は子宮の収縮を促進してくれるものなので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

エッセンシャルオイル

|

« スーツケースの選び方 | トップページ | 産後ダイエット »

心と体」カテゴリの記事