« 初心者アフィリエイトSEO | トップページ | ヨガダイエット »

アジアアロワナ

アロワナ、数千万年前から基本的なフォルムが変わらない、つまりすでに完成していたこの魚は、単なる観賞魚というにはあまりに荘厳で美しく、他の観賞用の熱帯魚とは一線を画す存在といっても過言ではありません。この美しい古代魚アロワナですが、これは淡水魚でありながら、不思議なことに世界数箇所のまったく離れた熱帯域に分布しています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。世界に五種類存在するアロワナですが、その細長い銀色の刀のような形こそよく似ているものの、魚の性質や色などがずいぶん異なりますし、サイズも水槽で飼う場合、大きくなるスピードがかなり違うようです。

これらの世界中の熱帯の川にいる、どこにでもいるかのような大型古代魚アロワナなのですが、人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。 アジアアロワナは本当に金色や鮮やかな赤で美しく、加えてもともと生息地域が狭くて個体数が少なかったことも災いして、高値で売れる観賞用のための乱獲であっという間に絶滅の危機にさらされました。このため、今ではアジアアロワナは一切の捕獲そのものが禁止されています。密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見されればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。

そのようにサイテスで輸出入がすべて禁止されているはずのアジアアロワナですが、合法的に実は日本のペットショップにも入荷があります。 アジアアロワナの個体数の激減に目をつけた原産国の漁業関係者やディーラーの、特に華僑の方たちが1990年ごろからアジアアロワナを含む希少種の魚の養殖を始め、成功し、軌道に乗ったからです。大きな飼育エリアを必要とするので大変だったようです。養殖が成功してよかったことがあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。

アジアアロワナの種類は具体的には5種類になります。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』です。密漁された天然魚と区別するために、これらの養殖アジアアロワナの体内にはすべてマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。日本の国内における売買も届出制となっています。養殖できたとは言えども、そういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

アジアアロワナ

|

« 初心者アフィリエイトSEO | トップページ | ヨガダイエット »

ペット」カテゴリの記事