« エッセンシャルオイル効果 | トップページ | 懸賞 »

アジアアロワナ

アロワナの魅力は何でしょうか?この古代魚のとりこになっている人はたくさんいますが、一言で言うと「荘厳」、もうひとつ付け加えれば「完全な魚の美しさ」でしょうか。個体数の多い『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米、アマゾン川流域などに生息しています。雨季には森中で木の上に避難している虫をジャンプして捕食する姿が見られます。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。形こそよく似ている世界各地に点在する古代魚アロワナですが、虫を食べるのが得意なもの、攻撃的なもの、おとなしいものなどその生産地によって性格や色合いはずいぶん異なります。たくさん取れる南米のものは元気なのですが、美しくないと言うことで人気は低く、アジアアロワナは逆に希少価値も加わって大人気です。

世界中に存在して、地域によって個性のあるアロワナですが、残念ながらアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手に入れることはできません。 アジアアロワナは不幸なことにその類まれな美しさゆえに、観賞用として高価で売れることから乱獲が後を絶たなかったのです。もともとの生息数も少なかったので激減したのです。もはやアジアロワナは絶滅危惧種なのです。現在ではワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として輸出入に一切の制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。

アジアアロワナはもう幻の魚なのでしょうか?だいじょうぶ、日本のペットショップでも合法的にアジアアロワナを買うことができるのです。それは、インドネシアやマレーシアの華僑が高値取引されるアジアアロワナの希少価値に目をつけ、安定収入とするために1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始めていたのです。アロワナは縄張り意識が強いのでたくさんは作れないようですが。おもしろいことにアジアアロワナの美しさは、養殖で純血種交配を繰り返すことでどんどんアップしていきました。それまでめったに出ないとされていた色のアロワナがどんどん増やされつつあります。

アジアアロワナの種類は具体的には5種類になります。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』です。養殖アジアアロワナの体内には個体識別のためのマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。密漁個体と識別するための血統書のようなものです。日本の国内における売買も届出制となっています。ということでアジアアロワナ、養殖とはいえ、生産管理も大変なことから決して安く手に入る魚ではありません。例えば過背金龍は30万円から300万円と、とんでもない値段です。生きる宝石といってもいい。でも、それだけの魅力がアジアアロワナにはあるのですね。

アジアアロワナ

|

« エッセンシャルオイル効果 | トップページ | 懸賞 »

ペット」カテゴリの記事