« スーツケースの選び方 | トップページ | ヨガダイエット »

アジアアロワナ

アロワナは数千万年前からその姿が変化していない、悠久の時を生きる古代魚として知られています。そしてその美しい姿と荘厳さには目を離せなくなる人が後を絶ちません。個体数の多い『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米、アマゾン川流域などに生息しています。雨季には森中で木の上に避難している虫をジャンプして捕食する姿が見られます。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。 アロワナは南米のものもアジアのものもどれもよく似た形ですが、その性質や色などは生産地によってずいぶん異なりますし、人気のあるなしも捕獲される地域によって大きく異なります。

これらの世界の熱帯の人気の魚であるアロワナなのですが、美しさで人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。 アジアアロワナは美しく、もともと生息地域が狭かったので個体数が少なかったことも災いして、観賞用の乱獲であっという間に絶滅の危機にさらされました。現在では有名なワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として世界中あらゆる国家間での輸出入に厳しい制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。

このような状況ですが、実はアジアアロワナは日本の熱帯魚やサンで堂々と買うことができる魚なのです。ワシントン条約に引っかかることなく、合法的に売買する道があるのです。 アロワナの個体数の激減に目をつけたアジアの原産国の人たち、中でも経済的に敏感な華僑の方たちが1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始め、成功したからです。大きな飼育エリアを必要とするので大変だったようです。絶滅の危機から救い出すだけではなくて、養殖が成功してよかったことが他にもあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。

アジアアロワナの種類は具体的には5種類になります。これには細かい分類もあるのですが、ブリーダーごとの勝手な命名を廃して分類知れば以下です。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』です。もちろん、養殖魚と密漁された天然魚を見分けるためのマイクロチップの埋め込みなど、この養殖には大変な手間がかかっています。華僑の努力で養殖できたとは言えども、生産に関わるそういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

|

« スーツケースの選び方 | トップページ | ヨガダイエット »

ペット」カテゴリの記事