« ビリーズブートキャンプ | トップページ | ジャニーズ事務所 »

アジアアロワナ

アロワナはあるテレビドラマの主人公が飼っていて、ドラマの中の重要なアクセントになっていたり、魚関連以外の雑誌でも取り上げられたりなどで一躍有名になった大型の古代魚ですが、その美しさは比類のないもので、目をひきつけてやみません。 アロワナにはその生産地によって大まかな分類がなされています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。どれもよく似た形の世界のアロワナですが、食生の違いなどがあるのでしょうね、その性質や色などは生産地によってずいぶん異なりますし、人気のあるなしも捕獲される地域によって大きく異なります。

このアロワナたちですが、現在、野生のアロワナの一部、特に美しさで定評のあるマレーシアのアジアアロワナは手に入れることが不可能となっています。 アジアアロワナの美しさゆえに、観賞用として高価で売れることから乱獲が後を絶たなかったのです。もともとの生息数も少なかったので激減したのです。このため、アジアアロワナは一切の捕獲そのものが禁止されている絶滅危惧種となっています。あまりそういう意識のない貧乏な漁民による密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見されればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。

ところが、数は少ないものの、日本のペットショップでも実はアジアアロワナは合法的に堂々と買うことができます。なぜでしょうか?それは、インドネシアやマレーシアの華僑が高値取引されるアジアアロワナの希少価値に目をつけ、安定収入とするために1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始めていたのです。アロワナは縄張り意識が強いのでたくさんは作れないようですが。 アジアアロワナの場合、美しいことで知られる種類がさまざまな交雑で維持が難しかったのが、幸か不幸かこの養殖で純血種として確立し、人気を集めています。

5種類のアジアアロワナが知られています。基本形と言うことで、ブリーダーが勝手につけている名前をとりはすした場合の分類ですが、『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』というものですが、一番人気はマレーシアゴールデンです。これらの養殖アジアアロワナの体内にはすべてマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。日本の国内における売買も届出制となっています。養殖できたとは言えども、そういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

アジアアロワナ

|

« ビリーズブートキャンプ | トップページ | ジャニーズ事務所 »

ペット」カテゴリの記事