ペット

アジアアロワナ

アロワナはあるテレビドラマの主人公が飼っていて、ドラマの中の重要なアクセントになっていたり、魚関連以外の雑誌でも取り上げられたりなどで一躍有名になった大型の古代魚ですが、その美しさは比類のないもので、目をひきつけてやみません。 アロワナにはその生産地によって大まかな分類がなされています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。どれもよく似た形の世界のアロワナですが、食生の違いなどがあるのでしょうね、その性質や色などは生産地によってずいぶん異なりますし、人気のあるなしも捕獲される地域によって大きく異なります。

このアロワナたちですが、現在、野生のアロワナの一部、特に美しさで定評のあるマレーシアのアジアアロワナは手に入れることが不可能となっています。 アジアアロワナの美しさゆえに、観賞用として高価で売れることから乱獲が後を絶たなかったのです。もともとの生息数も少なかったので激減したのです。このため、アジアアロワナは一切の捕獲そのものが禁止されている絶滅危惧種となっています。あまりそういう意識のない貧乏な漁民による密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見されればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。

ところが、数は少ないものの、日本のペットショップでも実はアジアアロワナは合法的に堂々と買うことができます。なぜでしょうか?それは、インドネシアやマレーシアの華僑が高値取引されるアジアアロワナの希少価値に目をつけ、安定収入とするために1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始めていたのです。アロワナは縄張り意識が強いのでたくさんは作れないようですが。 アジアアロワナの場合、美しいことで知られる種類がさまざまな交雑で維持が難しかったのが、幸か不幸かこの養殖で純血種として確立し、人気を集めています。

5種類のアジアアロワナが知られています。基本形と言うことで、ブリーダーが勝手につけている名前をとりはすした場合の分類ですが、『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』というものですが、一番人気はマレーシアゴールデンです。これらの養殖アジアアロワナの体内にはすべてマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。日本の国内における売買も届出制となっています。養殖できたとは言えども、そういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

アジアアロワナ

|

アジアアロワナ

アロワナは数千万年前からその姿が変化していない、悠久の時を生きる古代魚として知られています。そしてその美しい姿と荘厳さには目を離せなくなる人が後を絶ちません。個体数の多い『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米、アマゾン川流域などに生息しています。雨季には森中で木の上に避難している虫をジャンプして捕食する姿が見られます。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。 アロワナは南米のものもアジアのものもどれもよく似た形ですが、その性質や色などは生産地によってずいぶん異なりますし、人気のあるなしも捕獲される地域によって大きく異なります。

これらの世界の熱帯の人気の魚であるアロワナなのですが、美しさで人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。 アジアアロワナは美しく、もともと生息地域が狭かったので個体数が少なかったことも災いして、観賞用の乱獲であっという間に絶滅の危機にさらされました。現在では有名なワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として世界中あらゆる国家間での輸出入に厳しい制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。

このような状況ですが、実はアジアアロワナは日本の熱帯魚やサンで堂々と買うことができる魚なのです。ワシントン条約に引っかかることなく、合法的に売買する道があるのです。 アロワナの個体数の激減に目をつけたアジアの原産国の人たち、中でも経済的に敏感な華僑の方たちが1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始め、成功したからです。大きな飼育エリアを必要とするので大変だったようです。絶滅の危機から救い出すだけではなくて、養殖が成功してよかったことが他にもあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。

アジアアロワナの種類は具体的には5種類になります。これには細かい分類もあるのですが、ブリーダーごとの勝手な命名を廃して分類知れば以下です。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』です。もちろん、養殖魚と密漁された天然魚を見分けるためのマイクロチップの埋め込みなど、この養殖には大変な手間がかかっています。華僑の努力で養殖できたとは言えども、生産に関わるそういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

|

アジアアロワナ

アロワナの魅力は何でしょうか?この古代魚のとりこになっている人はたくさんいますが、一言で言うと「荘厳」、もうひとつ付け加えれば「完全な魚の美しさ」でしょうか。個体数の多い『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米、アマゾン川流域などに生息しています。雨季には森中で木の上に避難している虫をジャンプして捕食する姿が見られます。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。形こそよく似ている世界各地に点在する古代魚アロワナですが、虫を食べるのが得意なもの、攻撃的なもの、おとなしいものなどその生産地によって性格や色合いはずいぶん異なります。たくさん取れる南米のものは元気なのですが、美しくないと言うことで人気は低く、アジアアロワナは逆に希少価値も加わって大人気です。

世界中に存在して、地域によって個性のあるアロワナですが、残念ながらアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手に入れることはできません。 アジアアロワナは不幸なことにその類まれな美しさゆえに、観賞用として高価で売れることから乱獲が後を絶たなかったのです。もともとの生息数も少なかったので激減したのです。もはやアジアロワナは絶滅危惧種なのです。現在ではワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として輸出入に一切の制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。

アジアアロワナはもう幻の魚なのでしょうか?だいじょうぶ、日本のペットショップでも合法的にアジアアロワナを買うことができるのです。それは、インドネシアやマレーシアの華僑が高値取引されるアジアアロワナの希少価値に目をつけ、安定収入とするために1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始めていたのです。アロワナは縄張り意識が強いのでたくさんは作れないようですが。おもしろいことにアジアアロワナの美しさは、養殖で純血種交配を繰り返すことでどんどんアップしていきました。それまでめったに出ないとされていた色のアロワナがどんどん増やされつつあります。

アジアアロワナの種類は具体的には5種類になります。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』です。養殖アジアアロワナの体内には個体識別のためのマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。密漁個体と識別するための血統書のようなものです。日本の国内における売買も届出制となっています。ということでアジアアロワナ、養殖とはいえ、生産管理も大変なことから決して安く手に入る魚ではありません。例えば過背金龍は30万円から300万円と、とんでもない値段です。生きる宝石といってもいい。でも、それだけの魅力がアジアアロワナにはあるのですね。

アジアアロワナ

|

アジアアロワナ

アロワナ、数千万年前から基本的なフォルムが変わらない、つまりすでに完成していたこの魚は、単なる観賞魚というにはあまりに荘厳で美しく、他の観賞用の熱帯魚とは一線を画す存在といっても過言ではありません。この美しい古代魚アロワナですが、これは淡水魚でありながら、不思議なことに世界数箇所のまったく離れた熱帯域に分布しています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。世界に五種類存在するアロワナですが、その細長い銀色の刀のような形こそよく似ているものの、魚の性質や色などがずいぶん異なりますし、サイズも水槽で飼う場合、大きくなるスピードがかなり違うようです。

これらの世界中の熱帯の川にいる、どこにでもいるかのような大型古代魚アロワナなのですが、人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。 アジアアロワナは本当に金色や鮮やかな赤で美しく、加えてもともと生息地域が狭くて個体数が少なかったことも災いして、高値で売れる観賞用のための乱獲であっという間に絶滅の危機にさらされました。このため、今ではアジアアロワナは一切の捕獲そのものが禁止されています。密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見されればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。

そのようにサイテスで輸出入がすべて禁止されているはずのアジアアロワナですが、合法的に実は日本のペットショップにも入荷があります。 アジアアロワナの個体数の激減に目をつけた原産国の漁業関係者やディーラーの、特に華僑の方たちが1990年ごろからアジアアロワナを含む希少種の魚の養殖を始め、成功し、軌道に乗ったからです。大きな飼育エリアを必要とするので大変だったようです。養殖が成功してよかったことがあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。

アジアアロワナの種類は具体的には5種類になります。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』です。密漁された天然魚と区別するために、これらの養殖アジアアロワナの体内にはすべてマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。日本の国内における売買も届出制となっています。養殖できたとは言えども、そういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

アジアアロワナ

|

アジアアロワナ

アロワナはテレビドラマの主人公が飼っていたり、雑誌で取り上げられたりなどで一躍有名になった大型の古代魚ですが、その美しさは比類のないもので、目をひきつけてやみません。『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米に生息しています。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。形こそよく似ている世界各地に点在する古代魚アロワナですが、虫を食べるのが得意なもの、攻撃的なもの、おとなしいものなどその生産地によって性格や色合いはずいぶん異なります。たくさん取れる南米のものは元気なのですが、美しくないと言うことで人気は低く、アジアアロワナは逆に希少価値も加わって大人気です。

これらの世界のアロワナなのですが、人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。野生のアロワナ売買禁止その理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。日本のような先進国の愛好家に観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減ったのです。現在ではワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として輸出入に一切の制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。

ところが面白いことにですね、実はじつは、アジアアロワナは日本に定期的に輸入され、販売されているのです。ペットショップで合法的に買えます。そうした危機的な状況が訪れる少し前にアジアアロワナの希少価値に目をつけたのは東南アジアの華僑たちでした。彼らの手によってアジアアロワナの養殖が始まり、大量生産とは行きませんが、日本にもコンスタントに輸出されるようになりました。絶滅の危機から救い出すだけではなくて、養殖が成功してよかったことが他にもあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。

5種類のアジアアロワナが知られています。基本形と言うことで、ブリーダーが勝手につけている名前をとりはすした場合の分類ですが、『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』というものですが、一番人気はマレーシアゴールデンです。養殖アジアアロワナの体内には個体識別のためのマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。密漁個体と識別するための血統書のようなものです。日本の国内における売買も届出制となっています。華僑の努力で養殖できたとは言えども、生産に関わるそういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

|