住まい・インテリア

ルームフレグランス

ルームフレグランスが、贅沢な時間を過ごすことを知っている女性の間で静かなブームを呼んでいます。やわらかな香りに包まれて、好きな音楽を聴いたり読書をしたりする休日なんていいですね。お友達のお部屋に遊びに行ったときに、独特のにおいが気になったことはありませんか?自分では気が付かなくても、お部屋にはその部屋独特のにおいがあるものですから、普段から香りには気を使いたいものです。 フレグランスという言葉に「心地よい香り」という意味があることからも、ルームフレグランスはお部屋を心地よい香りで満たすことをいいます。

ルームフレグランスで代表的なのはエッセンシャルオイルですが、色々な道具を揃えなければいけないようなイメージを持っている方もいるかもしれません。簡単に楽しみたい方には、アロマランプがお勧めです。来客時のルームフレグランスとして、お湯にアロマオイルを数滴落としたものを玄関に置いてみてはいかがでしょう。これなら手軽に香りを楽しめるし、お部屋の印象もぐっと良くなります。それから、エッセンシャルオイルの楽しみのひとつとして、いくつかの香りをブレンドして自分だけのお気に入りの香りを作ることがあります。はじめは同じ系統の香りを混ぜ合わせるのが失敗しないコツです。

アロマキャンドルならもっと気軽にルームフレグランスの香りを楽しむことができます。疲れた夜には、キャンドルの炎をながめながらお酒を飲むのもいいですね。ただ、あまり強すぎる香りでは逆効果になってしまうこともあります。せっかく心地よい空間を作り出してくれるルームフレグランスですから、やり過ぎにならないように使いましょう。また、食事を用意しながらフレグランスを香らせすぎてしまうと、せっかくの料理の匂いを台無しにしてしまうこともあるので気をつけてください。

お部屋を良い香りにするだけでなく、アロマオイルを使ったアロマセラピーでは心や体を健康にしたり、美容にも効果があったりします。グレープフルーツの香りはダイエットに効く事で女性に人気です。ただ単にルームフレグランスとして使うのなら、その日の気分で使い分けてみると楽しいでしょう。ルームフレグランス用のアロマポットやキャンドル、トレイなどは可愛らしいものがたくさんあるので、お部屋に合わせて選んでみてください。フレグランス大好き

|

観葉植物アイビー

観葉植物は現代社会の一服の清涼剤としてもはや必需品です。街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。風水を気にする人は観葉植物の存在には敏感に気がつくみたいです。アイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。現代人は走り続けているので、仕事が忙しいと可愛い観葉植物の存在には気づかないものですが、観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうです。

観葉植物の中でも特にアイビーなどは育てやすいこと、愛らしいこともあって、日本でも外国でもとても愛されている観葉植物です。その育て方や人との関わりについてちょっと見てみましょうか。ヨーロッパ原産の観葉植物はそれほど多くないのですが、その中でもアイビーはもっとも有名なもので、別名がヘデラというウコギ科のつた植物です。そして丈夫で乾燥や低温に強いこと、病気になりにくい観葉植物であることで知られています。アイビーは元々が木の陰を這い回るつた系の植物ですから、当然ながら日陰にも耐えます。日の当たりにくい家の北側や室内の日照でも十分に生きている扱い易い観葉植物です。

アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中戸外で維持することもできるのですが、それだと緑の可愛らしい葉っぱが赤くなったり黄色くなったり見た目ががらりと変わりますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。アイビーへの水やりですが、本によって書き方は微妙に異なるものの、乾き目ぐらいでOKです。表面の土が乾いたらちょっと足してやるぐらい。つた系の観葉植物に共通する大事な手入れとして、アイビーだけでなく、ポトスもそうなのですが、あまり、葉がわさわさと茂って混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。

観葉植物というだけでなく、アイビーはさまざまな建物とセットとしても有名な植物です。例えば倉敷アイビースクエアなど、観光地でも有名なように、アイビーリーグや青山アイビーホールなど、愛らしい葉っぱがそのくっついた建物の象徴としていろんな世代から愛されている観葉植物です。そのような建物の外壁にはりついたアイビーは自然の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。建物の外観に自然のときの流れを感じさせてくれる装飾品としても、アイビーはみんなから愛されているのですね。観葉植物として愛されるのもそういうアイビーの歴史があったからでしょう。
観葉植物| インテリアに

|

ルームフレグランス

ルームフレグランスを楽しむ女性が増えているようですね。やわらかな香りに包まれて、お休み前のひと時を過ごしたら、きっと朝も気持ちよく目が覚めそうです。他人の部屋に行った時に、そのにおいが気になったことはありませんか?もしかしたら、気が付かないだけであなたのお部屋も独特のにおいがあるかもしれません。ですから、お部屋の香りには少し注意をしてみましょう。ルームフレグランスというのは、体に心地よい香りをつける香水やオーデコロンと同じように、お部屋に良い香りをさせるために使用します。

ルームフレグランスといえば、一般的なのはエッセンシャルオイル。よく使われるアロマポットは、トレイ部分にエッセンシャルオイルを数滴たらして、下からキャンドルの熱で香りを広げます。何も難しいことはありませんが、火を使うので、取り扱いは十分に気をつけて。エッセンシャルオイルをお湯に数滴入れて、玄関に置いておくと来客時の印象もぐっと良くなるでしょう。また、食事の時にはおしぼりにレモンオイルを含ませておくのもちょっとした気遣いです。それから、アロマオイルの魅力として、好きな香りをブレンドして自分だけのお気に入りの香りを作ることができることがあります。同じ系統で好きな香りをブレンドしていくと失敗しないでしょう。

アロマキャンドルなら、火をつけるだけで様々な香りを楽しむことができますし、お風呂に浮かばせたらバスタイムのリラックス効果もアップすることでしょう。ルームフレグランスは心地よくリラックスした空間を作り出してくれるものですが、あまりに強すぎる香りでは逆効果になることもあるので気をつけましょう。また、お風呂で使う場合にはシャンプーやボディソープのにおいもあるので、香り同士の相性も考えて使いましょう。

お部屋を良い香りにするだけでなく、アロマオイルを使ったアロマセラピーでは心や体を健康にしたり、美容にも効果があったりします。グレープフルーツの香りはダイエットに効く事で女性に人気です。でも、ルームフレグランスとして使うのならば、あまり難しいことを考えずにその日の気分で、いろいろな香りを使ってみる方がよいでしょう。ルームフレグランスには、お部屋につるすタイプやスティックに入ったもの、枕元に置きたいポプリなど様々な種類があるので、用途によって使い分けたいですね。フレグランス大好き

|

観葉植物アイビー

観葉植物は職場や病院などさまざまなところで目にしますね、現代日本では人の集まるところには必ずと言っていいほど、なにがしかの観葉植物が置いてあります。風水を気にする人は観葉植物の存在には敏感に気がつくみたいです。アイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。あわただしくてせっかくの観葉植物の存在に気づかない人の心にも、観葉植物の緑色は潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。

観葉植物の特徴は種類それぞれです。観葉植物の原産地やタイプによって育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。とりあえずここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。アイビーはウコギ科の植物で、ヘデラとも呼ばれます。ヨーロッパ原産のつた系の植物で、その出自から想像できる通りに低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。アイビーと言う観葉植物はつた系の特徴どおりに半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずにカーテン越しの日差しで室内において置けるのも長所です。

アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中外に放っておくこともできますが、それだと赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。アイビーは水が少なくても多くてもなんとか対応してくれます。ハイドロカルチャーもできるし、ほんとうに適応力が高いです。他の手入れとして、観葉植物でもアイビーやポトスなどのつた系の植物はときどき切ってやるのがよい刺激になりますし、風通しを考えても剪定してやりましょう。剪定した枝は刺し芽にも使えます。

倉敷にアイビースクエアと言う観光地があります。そこはレンガ造りの建物に絡みついたアイビーがその象徴となっている、とても気持ちの良い観光施設ですもちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。アイビーの可愛らしい葉っぱが織り成す春夏秋冬の自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。
観葉植物| インテリアに

|

ルームフレグランス

ルームフレグランスを使ったことはありますか?森林やお花の香りであふれるお部屋では、心やからだの力がすっと抜けて、心地よい時間を過ごすことができます。お友達があなたのお部屋に遊びに来たときに、においが気になるなんていうことがないように、普段からお部屋の香りには気を使いたいものです。ルームフレグランスというのは、お部屋に心地よい香りで満たすものですが、そもそもフレグランスという言葉には「心地よい香り」という意味があるのです。

ルームフレグランスといえば、一般的なのはエッセンシャルオイル。よく使われるアロマポットは、トレイ部分にエッセンシャルオイルを数滴たらして、下からキャンドルの熱で香りを広げます。何も難しいことはありませんが、火を使うので、取り扱いは十分に気をつけて。来客時のルームフレグランスとして、お湯にアロマオイルを数滴落としたものを玄関に置いてみてはいかがでしょう。これなら手軽に香りを楽しめるし、お部屋の印象もぐっと良くなります。アロマオイルなら、いくつかの香りをブレンドしながら自分だけのお気に入りの香りを作ることもできます。アロマセラピーが目的の場合は、体調によって使えないオイルもあるので気をつけましょう。

香り豊かなアロマキャンドルをお部屋や玄関などいくつか置いておくとそれだけでも良い香りがしますし、色鮮やかなものであればお部屋のインテリアとしてもとても綺麗です。ただ、香りには好き嫌いがあります。中には香りそのものが苦手な人もいますので、来客時には控えめが香りのルームフレグランスをチョイスしましょう。また、お風呂で使う場合にはシャンプーやボディソープのにおいもあるので、香り同士の相性も考えて使いましょう。

エッセンシャルオイルには、お部屋を良い香りにするだけでなく、リラックスできたり、逆に集中力を高めたりといった効果があるものもあります。ダイエットに効く香りなんていうのもありましたね。ただ単にルームフレグランスとして使うのなら、その日の気分で使い分けてみると楽しいでしょう。インテリアとして、お部屋にあったアロマポットやキャンドルスタンドを選べるのもルームフレグランスの楽しみのひとつですね。フレグランス大好き

|

観葉植物アイビー

観葉植物は現代社会の一服の清涼剤としてもはや必需品です。街のいたるところで、特に人の集まる病院や役所、さらには病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。 観葉植物でよく見かけるものにはアイビー、パキラ、ポトス、カポック、タイガーテールなどでしょうか。仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうです。

観葉植物の中でも、特に見かけることの多いアイビーを例にして、観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについてみてみましょう。アイビーはつた系の観葉植物(ヨーロッパ原産でウコギ科のヘデラという名前です。)ですから、環境が悪いのにはもともと耐性があり、わりに苛酷な環境でも大丈夫です。乾燥にも強いし、ハイドロカルチャーにも耐えます。病気にもなりにくいです。アイビーと言う観葉植物はつた系の特徴どおりに半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずにカーテン越しの日差しで室内において置けるのも長所です。

丈夫な観葉植物なのでアイビーは外に放っておいても基本的には大丈夫なのですが、当然ながら霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。水分補給に関してはアイビーにはどのぐらいがいいかと言うと、土の表面が乾いたら水をやる程度でいいです。やり過ぎにも比較的強いようです。丈夫でよく伸びるアイビーの手入れとしては茂った先端を時々切ってやるのがいいのです。切り取ればそこから増やすこともできます、刺し芽は10cmほどの枝に葉が2、3枚ついていればいいし、とりあえずは水にさしておけば根が出ますので、勢いよくなってから移す手もあります。

観葉植物アイビーは、アイビーリーグ、アイビールックと言う言葉に代表されるように、キャンパスの古い建物の外側にはりついていて、それが実に幅広い世代や国境を越えて愛されたりする植物でもあります。アイビースクエアやアイビーホールなどの有名な建物の外壁にはりついたアイビーは霜や夏の日差しといった自然の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。でも、その可愛らしい葉っぱが織り成す自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。
観葉植物| インテリアに

|

ルームフレグランス

ルームフレグランスを使ったことはありますか?森林やお花の香りであふれるお部屋では、心やからだの力がすっと抜けて、心地よい時間を過ごすことができます。他人の部屋に行った時に、そのにおいが気になったことはありませんか?もしかしたら、気が付かないだけであなたのお部屋も独特のにおいがあるかもしれません。ですから、お部屋の香りには少し注意をしてみましょう。 フレグランスという言葉を辞書で調べてみると「心地よい香り」の意味があります。ルームフレグランスというのは、お部屋を心地よい香りで満たすことですね。

ルームフレグランスといえば、一般的なのはエッセンシャルオイル。よく使われるアロマポットは、トレイ部分にエッセンシャルオイルを数滴たらして、下からキャンドルの熱で香りを広げます。何も難しいことはありませんが、火を使うので、取り扱いは十分に気をつけて。エッセンシャルオイルは、ルームフレグランス以外にもおしぼりに含ませたり、拭き掃除の時にバケツに数滴入れたりして使うと、香りを楽しめるだけでなく殺菌の効果もあります。それから、エッセンシャルオイルは市販されているのをそのまま使うのもいいですが、ブレンドさせてあなたのオリジナルを作れる楽しみもあります。

キャンドルそのものにフレグランスの効果があるアロマキャンドルなら、火をつけるだけで素敵な香りを楽しめます。揺らめく炎でお部屋の雰囲気もアップすること間違いなしです。ただ、せっかく良い香りで来客をもてなそうと思っているのに、あまりに強い香りではかえって逆効果になることもあるので注意が必要です。また、お風呂で使う場合にはシャンプーやボディソープのにおいもあるので、香り同士の相性も考えて使いましょう。

アロマオイルには、さまざまな効果があります。アロマテラピーとして、心や体を健康にしたり、美容にも役立てられたりしています。豊かな香りのある生活はそれだけでも、私たちの生活に潤いを与えてくれます。アロマオイルをルームフレグランスとして使うのなら、むずかしいことは考えなくても大丈夫です。アロマオイルやキャンドル以外にも、ルームフレグランスにはスプレーやお香などさまざまな種類がありますので、用途によって使い分けてください。フレグランス大好き

|

観葉植物アイビー

観葉植物は家の中だけでなく、職場や病院などさまざまなところで目にしますね、人の集まるところには観葉植物が置いてあります。 観葉植物はどうやら風水の上でも非常に大事なキーアイテムらしいので(ほんとかな?^^;)、個人の家庭でもアイビー、パキラ、カポックなどの育てやすい観葉植物が愛されています。仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうです。

観葉植物がいろいろある中でも、日本だけでなく外国でも見かけることの多いアイビーを例にして、観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについて見てみましょう。アイビーは別名をヘデラというウコギ科のヨーロッパ原産のつた系の植物です。観葉植物の中では低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。アイビーのよいところは、暖かすぎる室内でも寒い室外でも、ぎらぎら直射日光の日向でも北側の日陰でも、耐えられる、日照を気にしないでいいというところです。

アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中戸外で維持することもできるのですが、それだと緑の可愛らしい葉っぱが赤くなったり黄色くなったり見た目ががらりと変わりますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。 観葉植物の育て方では最も重要なポイントとなる水やりですが、アイビーの場合、本によって書き方は微妙に異なるものの、乾き目ぐらいでOKです。表面の土が乾いたらちょっと足してやるぐらい。つた系観葉植物アイビーを増やすには葉が2、3枚ついた枝を刺し芽してやればよいのです。ですから、ときどきは剪定してついでに増やしましょう。剪定も風通しがよくなるので虫がつきにくくなって一石二鳥です。

観葉植物アイビーは、アイビーリーグ、アイビールックと言う言葉に代表されるように、キャンパスの古い建物の外側にはりついていて、それが実に幅広い世代や国境を越えて愛されたりする植物でもあります。アイビースクエアやアイビーホールなどの有名な建物の外壁にはりついたアイビーは霜や夏の日差しといった自然の影響で黄色くなったり赤くなったり、一部枯れたりもします。でも、その可愛らしい葉っぱが織り成す自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。
観葉植物| インテリアに

|

ルームフレグランス

ルームフレグランスであなたのお部屋を満たしてみてはいかがでしょう?きっと、やわらかな香りに包まれて、心にゆとりを持った毎日を過ごす事ができるでしょう。住んでいる人は気が付きにくいものですが、お部屋には特有のにおいがあるものです。普段からお部屋の香りには気をつけて、お友達が遊びに来たときに気にならないようにしたいものです。ルームフレグランスを使えば、お部屋に心地よい香りが広がります。フレグランスという言葉自体が、「心地よい香り」という意味があるものなのです。

ルームフレグランスを簡単に楽しみたいのなら、アロマランプを使うのがおすすめです。トレイにアロマオイルを数滴たらして、電源をいれるだけなので火も使わず安心ですね。エッセンシャルオイルは、ルームフレグランス以外にもおしぼりに含ませたり、拭き掃除の時にバケツに数滴入れたりして使うと、香りを楽しめるだけでなく殺菌の効果もあります。それから、エッセンシャルオイルの楽しみのひとつとして、いくつかの香りをブレンドして自分だけのお気に入りの香りを作ることがあります。はじめは同じ系統の香りを混ぜ合わせるのが失敗しないコツです。

フレグランスキャンドルなら、火をつけるだけでお部屋に素敵な香りが広がります。グラスに水をはって小さめのキャンドルを浮かべたりなんていうのもおしゃれですね。ルームフレグランスは心地よくリラックスした空間を作り出してくれるものですが、あまりに強すぎる香りでは逆効果になることもあるので気をつけましょう。特に、食事をするようなら、せっかくのお料理の香りを消してしまわないように注意しましょう。

アロマオイルを使ったアロマセラピーは、植物の持つ香りや働きで心身の健康に役立たせる自然療法です。筋肉や精神の緊張をやわらげたり、体内の老廃物を排出させたりするなど様々な効果が期待できます。アロマオイルは薬ではありませんが、自然の効能や豊かな香りは、時間に追われた生活に潤いを与えてくれるのは間違いありません。ルームフレグランス用のアロマポットやキャンドル、トレイなどは可愛らしいものがたくさんあるので、お部屋に合わせて選んでみてください。フレグランス大好き

|

観葉植物アイビー

観葉植物は現代の無味乾燥な都会の暮らしに今や欠かせないものです。オフィスや病院、役所の待合室にも置いてありますね。 観葉植物販売店や観葉植物専門店は最近ずいぶん増えてきました。アイビー、ポトス、パキラにサボテン、観葉植物の需要は多いのですね。 観葉植物の存在に気づかない人の心にも、潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。

観葉植物の特徴は種類それぞれです。観葉植物の原産地やタイプによって育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。とりあえずここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。アイビーはヨーロッパ原産のつた系の植物で、低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。アイビーが観葉植物として最も優れているところは日照が少なくても元気でいられると言うところです。これなら室内に置きっぱなしでも心配要りません。

観葉植物アイビーの乾燥や低温や、低日照に強い点は十分に観葉植物のトップランナーとして評価できます。それを過信して外に置いておくこともできますが、それだと葉は痛んで色が変わるのでご注意くださいね。 観葉植物の維持で悩む水分補給に関してはアイビーの場合、土の表面が乾いたら水をやる程度でいいです。まちがってやり過ぎにも比較的強いようですが、毎日かける必要はありません。つた系の観葉植物に共通する大事な手入れとして、アイビーだけでなく、ポトスもそうなのですが、あまり、葉がわさわさと茂って混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。

観葉植物アイビーは、アイビーリーグ、アイビールックと言う言葉に代表されるように、キャンパスの古い建物の外側にはりついていて、それが実に幅広い世代や国境を越えて愛されたりする植物でもあります。倉敷アイビースクエアではもちろん建物の外を覆っていますし、霜や直射日光にやられて赤くなったり黄色くなったりします。そういう自然を感じさせてくれるアイビーは観葉植物としてだけでなく、自然を感じさせてくれる戸外の草花として、昔から人々に愛されてきた植物なのですね。
観葉植物| インテリアに

|