旅行・地域

スーツケースの選び方

スーツケースを見るだけで、旅行の思い出がよみがえって来ますよね。 スーツケースを選ぶポイントは、大きさや、素材、そしてデザインです。基本的なポイントは、丈夫でしかも軽い、さらに運びやすいスーツケースです。

大きさは着替えの量によって変わりますが、目安としては5日までならSサイズ、1週間程度ならMサイズ、それ以上ならLサイズになります。素材で分けると、ハードケースタイプは密閉性が高く、ソフトケースはなんと言っても軽いというのがメリットです。、レンタルか購入かで迷っている方もいると思いますが、3回以上借りるのならお気に入りの一台を見つけて末永く使うことをお勧めします。

では、あなたにぴったりのスーツケースを選ぶ前に、注意する点をいくつか挙げたいと思います。特に女性は大きさには注意して、自分で運べる範囲のものを選びましょう。値段については、掘り出し物というのはあまりありません。やはり耐久性や軽さなど機能は値段に比例しています。

さらにあまり安いものだと壊れやすいだけではなく、補償がきちんとしていないので修理ができなかったり、費用がかさむことがあります。 スーツケースベルトを付けておくと、鍵をかけ忘れて開いてしまうことも避けられるのでお勧めです。圧縮袋を利用するなど、入れ方も工夫すると旅行も楽になりますね。

スーツケースの選び方

|

スーツケースの選び方

お気に入りのスーツケースを選べたら、旅行に行く前から楽しくなりますよね。大きさやデザインも様々で本当に迷ってしまいますが、やはりあなた自身の旅行スタイルに合わせるのが一番です。やはり衝撃に強いものが良いですが、運びやすいスーツケースを選ばないと旅行自体が大変になってしまいます。

大きさの目安としては5日までならSサイズ、1週間程度ならMサイズ、それ以上ならLサイズというのが一般的ですが、おみやげや着替えの量でも変わります。素材でいうと、ハードケースは中のものをしっかり守る、ソフトケースは軽いというのが特徴です。レンタルスーツケースを利用する手もありますが、1週間借りると往復の送料も入れると5,000~7,000円ほどかかりますから3回も使うと買うのと同じになります。

さて、お気に入りのスーツケースを見つけるのに、いくつかアドバイスです。玄関の段差や階段、空港のターンテーブルなど、意外と難関は多いものです。よくばって大きすぎるものを選ばないようにしましょう。値段については、高額なものほど耐久性が増し、さらに高くなるとそこに軽さが加わってきます。

海外で購入したものや低価格なものは修理がきかないものもあるので、安心できるお店で買った方が良いですね。空港などでロックが不完全だったスーツケースが開いてしまうことって意外と多いので、ぜひスーツケースベルトは付けておきましょう。パッキングのコツとして、しわが気にならない衣類は巻いて棒状にしたり圧縮袋に入れるとコンパクトになりますよ。

スーツケースの選び方

|

スーツケースの選び方

押入れからスーツケースを取り出すときって、なんともワクワクするものです。大きさやデザインも様々で本当に迷ってしまいますが、やはりあなた自身の旅行スタイルに合わせるのが一番です。飛行機では衝撃もあるので、丈夫で耐久性が良いものを選ぶのが基本です。

サイズはおみやげの量にもよりますが、5日までならSサイズ、1週間程度ならMサイズ、それ以上ならLサイズというのが目安です。素材的には大きく分けてハードケースとソフトケースがありますが、頑丈という意味ではハード、運びやすさではソフトが良いでしょう。レンタルという手もありますが、3回も使うと購入したのと同じ位の料金になるので、お気に入りのバッグを手に入れた方がいいでしょう。

では、あなたにぴったりのスーツケースを選ぶ前に、注意する点をいくつか挙げたいと思います。大き過ぎるスーツケースは、運ぶのが大変なだけではなく、荷物の重量制限などで余計なお金を取られることもあります。値段については、掘り出し物というのはあまりありません。やはり耐久性や軽さなど機能は値段に比例しています。

さらにあまり安いものだと壊れやすいだけではなく、補償がきちんとしていないので修理ができなかったり、費用がかさむことがあります。 スーツケースベルトを付けておくと、鍵をかけ忘れて開いてしまうことも避けられるのでお勧めです。パッキングのコツとして、しわが気にならない衣類は巻いて棒状にしたり圧縮袋に入れるとコンパクトになりますよ。

スーツケースの選び方

|

スーツケースの選び方

お気に入りのスーツケースを選べたら、旅行に行く前から楽しくなりますよね。 スーツケースの値段もピンからキリまで実にさまざまですが、いったいどの程度のものを選ぶのがよいでしょう?やはり、丈夫でたくさん入るスーツケースを選びたいところですが、自分で運べないようでは困ります。

大きさは着替えの量によって変わりますが、目安としては5日までならSサイズ、1週間程度ならMサイズ、それ以上ならLサイズになります。素材別の特徴としては、ハードケースは丈夫で中のものをしっかり守れる、ソフトケースは軽くて外側のポケットも何かと便利です。レンタルという手もありますが、3回も使うと購入したのと同じ位の料金になるので、お気に入りのバッグを手に入れた方がいいでしょう。

さて、お気に入りのスーツケースを探すといってもいくつか気をつけたいポイントがあります。特に女性は大きさには注意して、自分で運べる範囲のものを選びましょう。また、デザインや値段だけで選んで壊れやすいものでは意味がありません。国産品や有名メーカーのものは値段は高くなりますが、やはり安心です。

特にハードケースタイプはあまり安いものを買ってしまうと壊れた時の修理ができずに結局高くつくことがあります。空港での荷物取り扱いの際に、カギが破損して開いてしまうことも考えられるのでスーツケースベルトを使用するようにしてください。パッキングのコツとして、しわが気にならない衣類は巻いて棒状にしたり圧縮袋に入れるとコンパクトになりますよ。

スーツケースの選び方

|

スーツケースの選び方

スーツケースってただの入れ物のようですが、楽しい旅行をするためにはしっかりと選びたいものです。素材や大きさ、デザインなど選ぶポイントは様々ですが、ぜひあなたにぴったりのスーツケースを見つけてください。たくさん入るスーツケースが欲しいというのもわかりますが、やはり丈夫さや運びやすいことも大事です。

大きさの目安は5日までならSサイズ、1週間程度ならMサイズ、それ以上ならLサイズと言われますが、あとはおみやげの量にもよりますね。素材別に物の入れ方を比べてみると、ハードケースは開いた両側に同じ位の物を入れられ、ソフトケースは片側が深いので奥行きのある荷物に向いています。レンタルという選択肢もありますが、3回以上借りると購入したのと同じ位のコストになりますから、旅行好きのあなたなら気に入った一台を手に入れて長く使うほうが良いと思います。

さて、お気に入りのスーツケースを探すといってもいくつか気をつけたいポイントがあります。よくばって大きすぎるものを選んでしまうと、階段や段差で持ち上げるのに大変です。値段については、掘り出し物というのはあまりありません。やはり耐久性や軽さなど機能は値段に比例しています。

あと、もしも壊れた場合に修理を受けられるものを選ぶことも重要です。 スーツケースベルトは目印になるだけでなく、破損した場合も開いてしまうことを避けることができるのでぜひ付けておいてください。上手なパッキングのコツは圧縮袋を使うことです。特に帰りは荷物が増えるので着終わった衣類は圧縮袋に入れてコンパクトにしてしまうのも手ですね。

スーツケースの選び方

|